Visual Components 4.5.0 新機能紹介

Visual Components 4.5.0が2022年7月13日にリリースされました。プロセスモデリングの改善やブールコンポーネントモデリング(ブーリアン演算)の追加などを含むVisual Components 4.5.0の新機能をご紹介いたします。

KUKA OLP アドオンの追加

KUKA Sim 4.1と同じようにKUKAロボットをオフラインでプログラミングするためのVisual Components Premiumのアドオンが追加されました。このアドオンは、KUKA Robot Language(KRL)をサポートするKUKAロボット向けです。

※このアドオンを使用する場合は別途ライセンスが必要です。

プロセスモデリングの改善

製品のオプション行程や並行行程が定義できるようになりました。これには製品の優先順位付けや同プロセスへ複数回入ることができるようにすることが含まれます。

OPC UAの改善

セキュリティの向上と、カメラやセンサーで検出したコンベア上を移動する部品の直交位置や向きなどの空間データをサーバーとやり取りする機能が追加されました。

モデリングの改善

フィーチャとしてブーリアン演算機能が追加されました。2つのジオメトリを組み合わせて穴を空けたりすることができます。

レンダリングの改善

マテリアルライブラリの更新と光度の問題が解消されたことにより、よりリアルな描画が可能になりました。

図面の改善

図面にアイコンや画像を追加しエクスポートすることができるようになりました。ただし、APIを使用する必要があることに注意してください。

その他、要望があった機能の追加や改善、不具合の修正が行われています。詳細はVisualComponents社公式HPを参照してください。


Visual Components ダウンロードページ: https://www.visualcomponents.com/downloads/

※Visual Components 4.4以前をご使用中の方はライセンスの更新が必要となりますのでご注意ください。